ペルセウス座流星群の大阪の見頃のピークと時間・場所や方角はどこ?穴場スポットも紹介!

スポンサーリンク
季節の行事

夏の定番天文現象「ペルセウス座流星群」。

お盆前後ということもあり、毎年楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

最近は夏の風物詩として定着しつつありますね。

私も、昨年ペルセウス座流星群を見て感動した事を覚えています。

今年のペルセウス座流星群は、8年ぶりの好条件だそうです!

となると、2021年のペルセウス座流星群の観測条件が気になります。

大阪で、一番キレイに流星群が見れる日や時間を、事前にチェックしておきましょう!

いつもと違う日常を体験してみたいという、自然の素晴らしさを感じたいと思っている方には必見です!!

スポンサーリンク



ペルセウス座流星群の見頃のピークと時間は?

2021年のペルセウス座流星群の活動が最も活発になる「極大時刻(きょくだいじこく)」は、8月13日4時ごろと予想されています。

※極大とは、流星群が最も活発に活動すること(またはその時期のこと)を「極大」と呼びます。

13日の未明から明け方にかけてが一番の観察チャンスとなります。

13日未明から明け方にかけて、街明かりがなく見晴らしが良いところでは、1時間あたり50個前後の流れ星が見えると予想されます。

今年は2つの好条件がそろっています。

月明かりの影響がない

極大時刻が夜間(明け方)で、その時刻のころに放射点の高度が高い

という2つの好条件がそろうおかげでとても見やすく、多くの流れ星が期待できます。

※放射点(ほうしゃてん)とは、流星群の流れ星が放射状に飛び出してくるように見える、天球上の1点のことです。

イメージとしては、星が飛び出していく中心のようなところで、ここから夜空を流れていきます。

スポンサーリンク



ペルセウス座流星群2021を見るための観察のポイント

ペルセウス座の放射点は北東にあります。

でも北東側を見なくてもペルセウス座流星群を見ることができます。

なぜなら、

流星群の流れ星は、方角や高さに関係なく、空のあちこちに流れます。

広い範囲を見ることがポイントです。

北東ばかりに気を取られていては、大事な流星群を見逃してしまいますよ!

なので、空全体を見渡せる場所を選ぶことが大切になります。

また、観察のポイントは2つあります。

【観察のポイント2つ】

  1. 空を広く見渡す
  2. 15分くらいは見続ける

詳しく解説しますね。

広場や校庭、河川敷など視界の開けたところが観察に適しています。

集中しすぎると視野が狭くなってしまうので、なるべくリラックスして空を広く見渡すようにすると良いです。

私は、サマーベッドを180度にした状態で仰向けになって、ずっと星空を眺めていましたよ!

一般的に低空は街明かりや大気の影響を受けて見え具合が悪くなるので、高いところを眺めるほうが流れ星を見つけやすいと思います。

郊外などでは街明かりや視界の広さ、空の透明度などが見え方に影響するため、流星数は空の条件の良いところに比べて半分から3分の1ほどになります。

できれば、街明かりのない場所で流れ星を見たいですね。

また、1つも見えないからと数分で諦めずに、15分くらいは見続けましょう。

1時間に60個の流れ星が見えるとすると、計算上は平均して1分に1個のペースで見えることになりますが、流れ方はランダムですので、立て続けに数個見えることもあれば10分以上も見えないことも珍しくありません。

私も、流れ星を逃してしまい、悔しい思いをしたことが何度もあります。

何気なく、下を向いた時です。

それまでは、空をずっと見ていたにも関わらず・・・

そして、本当にランダムに流れ星は現れます。

流れ星が現れる時は、立て続けに現れたり、そうかと思うと、全く流れ星が現れなかったり・・・

私たちと、かくれんぼしているような感覚に陥りました(^_^;)

小さい光を一瞬放って、すぐに消えてしまいますが、とても可愛らしい光景です。

だから病みつきになって、来年も見たい!という衝動に駆られます。

1つも見えないからと数分で諦めるのではなく、15~20分くらいは見上げてみましょう。

スポンサーリンク



大阪から行ける星空観察におすすめのスポット3選

2021年の8年ぶりの好条件と言われているペルセウス座流星群。

せっかくの見るなら、穴場スポットでみたいものですよね。

それに、観察するならできるだけいい場所を選びたいもの。

大阪から行けるペルセウス座流星群の、おすすめの星空スポットをご紹介します。

1.高野辻ヘリポート(奈良県五條市)

高野辻ヘリポート(大塔ヘリポート)は、結構な山道を登るため、見晴らしの良い高い場所にあります。

そのため、冬は路面凍結の恐れがあるため、閉鎖されているようです。

奈良県での星空撮影スポットとして有名です。

天候がよければ天の川が白くはっきりとみえ、天文ファンも最高の一枚を撮影しようと訪れます。

駐車場はありません。

基本的にヘリポート内は駐車禁止のようですので、ヘリポート周りに駐車するしかなさそうです。

また、トイレはありません。

比較的細い道を登っていくことにはなりますが、車とのすれ違いが難しいほど細い道&悪路ではない為、スムーズに到着は出来ると思います。

ときおり熊が出るという情報がありますので、音がなるもの(携帯の音楽やラジオ)などを持っておくといいそうです。

地図がこちら↓

 

2.和泉葛城山(いずみかつらぎさん)

和泉葛城山は大阪府と和歌山県の境目にあります。

夜景がキレイに見える場所としても有名で、都心から離れているため穴場の一つと言えそうです!

標高858mで街明かりの影響も少ないので星が良く見え、天体観測などにも適していると言われています。

山頂には、展望台があり、そこから大阪平野・紀の川市山麓が一望でき、夜になると関西国際空港が輝いて見えます。

車でのアクセスルートは充実しており、山頂付近まで乗り入れることができます。

山頂付近には駐車場やトイレはありますが、売店は閉鎖されており、飲用の水も自動販売機はありません。

駐車場としては『ほの字の里』が無料で停められます。

夜遅くに真っ暗な中で山頂を目指すのが不安な場合、ほの字の里付近で観測するのもありかもしれません。

3.箕面公園(みのおこうえん)

箕面公園は、明治の森箕面国定公園(めいじのもりみのおこくていこうえん)の一角にあります。

落差33mの箕面大滝があったり、紅葉が美しい事で有名な国定公園です。

大阪市内からも電車で30分程度とアクセスがよく、春は新緑、夏は納涼、秋は紅葉、冬は鍛錬の場として年間を通じて多くの人々に親しまれていて、「森林浴の森100選」にも選ばれたそうです。

阪急箕面線の箕面駅から徒歩で行くことが出来るので、仕事や学校帰りに天体観測する時に行きやすい場所です

市内から近い場所にあるので、少し街明かりの影響を受けそうです。

近場でお手軽に天体観測をしたい方向けの場所と言えそうです。

箕面公園のアクセス方法を公式HPで確認

スポンサーリンク



ペルサウス座流星群2021を大阪から見る!まとめ

この記事では、

  • ペルセウス座流星群日程と大阪での見頃のピークと時間
  • ペルセウス座流星見るための観察のポイント
  • ペルセウス座流星大阪おすすめスポット

などについてご紹介してきました。

大阪で、一番キレイに流星群が見れる日や時間を、もう一度ふりかえってみましょう。

[大阪で、一番キレイに流星群が見れる日や時間]

2021年のペルセウス座流星群の活動が最も活発になる「極大時刻(きょくだいじこく)」は、8月13日4時ごろと予想。

 

[観察のポイントは2つ]

  1. 空を広く見渡す
  2. 15分くらいは見続ける

 

[大阪から行ける星空観察におすすめのスポット3選]

  • 高野辻ヘリポート(大塔ヘリポート)
  • 和泉葛城山
  • 箕面公園

毎年大人気のイベントとなっているペルセウス座流星群。

今年のペルセウス座流星群は、8年ぶりの好条件なので、ぜひ観測したいものですね。

私も、昨年ペルセウス座流星群を見ました。

場所は、自宅の庭です。

田舎なので、空は広く澄み渡っていて、何もさえぎるものないので、庭で見ることができました。

本当に感動しかないです。

自分がとてもちっぽけな存在に感じました。

お子さんにとっても、良い刺激になり、良い思い出になるかもしれませんね。

お盆休み前後は意識して空を見上げて、たくさんの流星を見つけて下さい!

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました