2021年のペルセウス座流星群が観測できる日付と時間帯は?(全国版)

スポンサーリンク
季節の行事

スポンサーリンク


2021年のペルセウス座流星群が観測できる日付と時間帯は?(全国版)

2021年全国のペルセウス座流星群が観測できる日付と時間帯!!

  • 出現期間…7月17日~8月24日
  • 観測時間…日没後もしくは月がしずむ21時ごろ~翌朝明るくなり始める時間まで
  • ピーク時間…8月13日 午前4時ごろ(前後12日21時~13日夜明けまで良い時間)

12日の夜からでも十分流れ星を観測することは出来ますが、特に8月13日午前3時から4時位が最大となります。

ピークの時間帯は、街明かりがなく見晴らしが良いところでは、1時間あたり50個前後の流れ星が見えると予想されます。

1時間に50個近くの流れ星って、どんな風に見えるのでしょうか??

50個ものペルセウス座流星群を見ることができたら、この上ない幸せですね!!

出現期間は思ったよりも長いので、、ふと思い出したときに空を見上げてみましょう!

もしかしたら、流れ星が見えるかもしれません!

>>こちらから全国の週間天気予報が確認できます。

スポンサーリンク



2021年のペルセウス座流星群を見るためのピークの方角は?(全国版)

ペルセウス座流星群の見えやすい方角は特に決まっていません。

理由は、ペルセウス流星群は空全体に流れることが特徴だからです。

ペルセウス流星群は、方角や高さに関係なく、空のあちこちに流れます。

見る方角はあまり気にせず、まんべんなく夜空を見上げればよいでしょう。

場所によっては、見えないんじゃないか・・・と心配になりますが、方角を気にしなくて良いのです。

できるだけ、空全体を見渡せる場所を選ぶことが大切になります。

スポンサーリンク



2021年ペルセウス座流星群を観察するときのポイントは?

寝ころぶなど,楽な姿勢で夜空をながめルことがポイントです。

※集中しすぎると視野が狭くなってしまうので、なるべくリラックスして空を広く見渡すようにすると良いです。

キャンプや海水浴で使用する簡易ベッド(サマーベッド)を用いると、夜露で身体を冷やすことなく観測できるので快適です。

私も、サマーベッドを使ってペルセウス座流星群を観察しましたよ。

楽な姿勢で、ずっと上を見ていることができるのでオススメです。

また流星も自然現象の一つなので,予想通りの数が出現しないこともあります。

5分ほどまったく流星が見えないと思ったら,次の5分間には10個ほど流れたり、ばらつきもあります。

なので、5分、10分であきらめず、1時間ぐらいは夜空に取り組んでみようというぐらいの,おおらかな気持ちが必要です。

だから、リラックスできるサマーベットは必需品になります!!

1時間くらいはサマーベットで横になっていました。

星座が探せる人はペルセウス座の位置を確認しておくと良いかもしれません。

ペルセウス座流星群はペルセウス座の方向を中心として,そこから四方八方に流星が飛び出してくるような見え方になります。

もし見づらいと思ったら、ペルセウス座の放射点である北東を見上げると見やすいからです。

一般的に低空は街明かりや大気の影響を受けて見え具合が悪くなるので、高いところを眺めるほうが流れ星を見つけやすいと思います。

リラックスして、ゆっくり空に視線をやりながらながめるとより多くのペルセウス座流星群をみることができると思います。

また、流星は一瞬のうちに消えますので、たくさん見るには集中力が必要になります。

すっきり目が覚めているときと、眠いのをがまんしながらの観測では,やはり見える流星の数はぜんぜん違ってきます。

流星観測の前には,たくさん眠っておくと良いかもしれません!

管理人asa
管理人asa

わたしもこの日は、夜のために体力を温存しておきたいと思います!

スポンサーリンク



2021年ペルセウス座流星群を観察するときの場所は?

ペルセウス座流星群は空の広い範囲に出現するので、全国各地で見ることができますが、できるだけ空が大きく見渡せる開放的な場所を探すと良いです。

なので、ペルセウス座流星群を見る場所はどこでもよいというわけではありません。

星空が見える場所であれば、どこでも可能という言い方もできますが、たくさんの流星を確実に見たいと思うならば、星がよく見える条件がよい場所を選ぶことが必要となります。

私は、自宅の庭で観察しました。

広く見渡せる空なので、たくさんのペルセウス座流星群を見ることができました。

できれば、空ができるだけ開けている場所を選ぶのが良いです。

山や建物、樹木のような障害物が少なく,地面に寝転がって,広い範囲の空を気持ちよく見渡せればOKです。

山の頂上や海岸なども良いですが、周囲が360°開けた天体観測スポットが流星観測には最適です。

近くの天文台などを探して行くのもおすすめですよ。

流星を見る場合は、放射点の方向を見るのではなく、空全体に目を向ける事を意識しましょう。

スポンサーリンク



2021年ペルセウス座流星群を観察するときに用意するものは?

流星群の観察に望遠鏡などの機材は必要ありません。

懐中電灯、地面に寝転がるシートやマットなどは必需品です。

私は、リラックスするために、サマーベッドを180度にした状態で仰向けになって、ずっと星空を眺めていましたよ!

夜食やゴミ袋のほか,夏の季節の観測には虫よけも用意する方がいいですね。

また、夏といっても明け方は冷え込むことがあるで,長袖の服も用意します。

薄手のダウンコートでも良いですね。

この他,星座を探しやすくするための星座早見盤もあると便利です。

方位磁石もあれば楽しめます。

流星は空全体に現れますが、放射点のあるペルセウス座を見つけたり、他の星座を見つけるのも楽しいです!

スポンサーリンク



まとめ

全国2021年のペルセウス座流星群が観測できる日付と時間帯をご紹介しました。

もう一度、全国の2021年のペルセウス座流星群が観測できる日付と時間帯をふりかえってみましょう。

  • 出現期間…7月17日~8月24日
  • 観測時間…日没後もしくは月がしずむ21時ごろ~翌朝明るくなり始める時間まで
  • ピーク時間…8月13日 午前4時ごろ(前後12日21時~13日夜明けまで良い時間)

ペルセウス座流星群とは、例年お盆の時期に活発になる流星群で、しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並び3大流星群の一つとも言われています。

年間でも常に1・2を争う流星数を誇り、好条件下では1時間に50個のペルセウス座流星群流星が見られることもある、とても見応えのあるペルセウス座流星群流星群です。

お盆前後ということもあり、毎年楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

最近は夏の風物詩として定着しつつありますね。

私も、昨年ペルセウス座流星群を見て感動した事を覚えています。

今年のペルセウス座流星群は、8年ぶりの好条件だそうです!

いつもと違う日常を体験してみたいという、自然の素晴らしさを感じたいと思っている方は、ペルセウス座流星群を観察してみてはいかがでしょうか?

きっと、感動すると思いますよ!

2021年ペルセウス座流星群の「その他の地域も」紹介していますので、よければ参考にしてください!

↓北海道版です。

↓横浜版です。

タイトルとURLをコピーしました